比較・ランキング

  

肌美人への道

うつ伏せの女

30代の中頃から、シミ対策としてこまめに日焼け止めを塗り、外を歩くときには、天気が良くても悪くても日傘をさして 紫外線には気をつけていたのですが、40代になると顔のあちこちにうっすらとしたシミができてきました。 シミによく効くというサプリメントを飲んだり、テレビCMでよく観る 有名な化粧品を買ってきて、使ってみたものの全く消えることはありませんでした。 仕方なくコンシーラーでシミを塗りつぶし、ファンデーションで隠して毎日過ごしていました。 コンシーラーを厚塗りした上にファンデーションを塗ると、すぐにファンデーションがよれてしまい、何度も化粧直しをしなければなりません。 面倒だと思いましたが、シミが見える方がいやなので、まめにやっていました。

化粧品やサプリメントで消すことができないなら、医療に頼るしかありません。 美容皮膚科で相談して、ケミカルピーリングでシミを消すことにしました。 ひと皮むけて新しい肌に生まれ変わるということで、大いに期待をしたのですが、シミをすべて消すことはできませんでした。 次に挑戦したのが整形美容外科でのレーザー治療です。 顔中に冷たいジェルを塗ってレーザーを当ててもらうと、さっきまで薄い色だったシミが焦げたように黒くなり、ひどくなったように見えてびっくりしました。 紫外線に気をつけながら、一週間ほどたつと、黒くなったシミがポロポロとれてきて、下から綺麗な皮膚が出てきました。 シミを消すというより剥がす感じだったのですが、きれいになくなったので満足です。